1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2021.3.12

Sheep sheds huge coat after years on the lam35キロの毛に覆われたヒツジ発見される

このページを印刷する

オーストラリアの低木の荒野をさまよっているところを発見された野生の羊は、推定で5年間伸び放題になっていた毛の巨大なコート35キロを刈られた。

長年の泥と絡み合ったごみがこびりついて汚れた羊毛の下で苦しんでいたバーラックは、ビクトリア州の森で発見され、メルボルン北部の動物保護施設へ連れて来られたと、同施設が2月初めにフェイスブックに投稿した。

「こんな量の毛の下で生きていた羊がいるなんて信じられませんでした」と、動物保護施設「エドガーズ・ミッション・ファーム・サンクチュアリー」の創設者パム・エイハーンさんは放送局のナイン・ニュースに語った。

この羊のぐしゃぐしゃの毛は5年近く切られないまま延びていたと、エイハーンさんは推定した。

「この羊は脱走してさまよって戻ってこなくなったいたずらっ子の若い羊だったのだろうと思います」。

毛を刈られていない羊は、膨大な重さの毛を背負って歩くのに苦労し、少なくとも1年に1回は毛を刈らなければ、特にオーストラリアは夏が厳しく乾燥していることが多いため、ほとんどは野生では長く生き延びることがない。

バーラックの大量の毛にもかかわらず、今は亡き仲間のクリスが達成した世界記録に届かなかった。クリスは2015年に41キロの毛を刈られてニュースになった。

第3回Change Maker Awards入賞者決定!2月28日開催のイベントレポート。

第3回Change Maker Awards入賞者決定!2月28日開催のイベントレポート。

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み