1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2022.2.18

French brewer uses algae to make blue beer仏醸造会社、藻を使って青いビール製造

このページを印刷する

フランスの醸造会社が、同社のビールを青くするのに自然発生する色素を持つ藻を使い始めた。

「ライン」というブランド名のこのビールは、この藻を栄養補助食品として世に広めたい企業と、製造するビールの独自性を高める方法を探していた近くのクラフトビール醸造会社との間でのコラボの結果生まれた。

このビールはよく売れていると、この飲み物(青いビールのこと)を製造するホッピー・アーバン・ブリューの従業員、Sebastien Verbekeさんは話した。「一般の方々から絶大な関心と好奇心を集めつつある」と彼は述べた。

青い色合いは、フランス北部にある企業Etika Spirulina社が水盤で育成したスピルリナという藻に由来する。ビールに青い色を付けるスピルリナの成分はフィコシアニンと呼ばれ、醸造過程中にビールに添加される。

瓶詰めしたばかりのビールを味見して、醸造会社の従業員のMathilde Vanmansartさんは、その味をホップ豊かで軽やかで、フルーティーな香りと表現し、藻が添加された証拠は独特の色だけだと述べた。

農園からスピルリナを提供するXavier Delannoyさんは、この醸造会社がいくつかの分量をテストした後で、顧客を引き付ける配合を見つけたと述べた。

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み