1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2022.7.8

NASA: Give back our moon dust and roachesNASA、「月の砂とゴキブリを返して」

このページを印刷する

アメリカ航空宇宙局(NASA)は月の砂とゴキブリを返してほしいと思っている。

この宇宙機関(NASAのこと)は、1969年のアポロ11号計画中に集められた月の砂の販売を止めるよう、ボストンを拠点とするRRオークションに求めた。この砂は、地球上の生命の脅威となる何らかの病原体を含むかどうかを判断するための実験中に、ゴキブリに餌として与えられた。

この物質は今も連邦政府のものであると、NASAの代理人を務める弁護士がオークション会社に対して書いた。 

約40ミリグラムの月の砂が入ったガラス製の瓶と3匹のゴキブリの死骸を含む、この実験からの物質は、競売台から降ろされたと、RRオークションは6月23日に発表した。

アポロ11号計画は、21.3キロ以上の月の岩を地球に持ち帰った。月の岩で死ぬかどうかを確認するため、その一部は小型生物に食べさせられた。

月の砂を食べさせられたゴキブリは、ミネソタ大学に持ち込まれ、そこで昆虫学者のマリオン・ブルックス氏が解剖し、ゴキブリを研究した。彼女は、月の砂が有毒であるという証拠を何も発見しなかった。しかし、そのゴキブリはNASAに返還されなかった。

フルブライト語学アシスタント(FLTA)プログラム

フルブライト語学アシスタント(FLTA)プログラム

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み