1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2023.4.28

Researchers develop taxidermy bird drones剥製化した鳥をドローンとして再利用

このページを印刷する

アメリカのニューメキシコ州の科学者たちは、野生動物調査への型破りなアプローチで死んだ鳥たちに新しい命を吹き込んでいる。

ソコロにあるニューメキシコ工科大学のチームは、剥製で保存された鳥たちを、飛行を研究するためにドローンに変えた。

この研究を率いている機械工学のモスタファ・ハサナリアン教授は人工的な機械の鳥は彼が求めている結果をもたらさないことを知った。「私たちは死んだ鳥をドローンにして使うアイディアを思いついた」と彼は言った。「すべてがそこにある…私たちは逆行分析を行なっている」。

鳥の剥製のドローン―現在は大学で特設のケージの中で実験されている―は、群れのフォーメーションと飛行パターンをよりよく理解するために活用できる。それは次に、航空業界にも応用できるとハサナリアン教授は述べた。

現在の鳥の剥製のプロトタイプは最大で20分しか飛ばないので、次の段階はどうすれば飛行時間を長くできるか、生きた鳥たちの中で野生の状態で実験をどのように行なうかを考え出すことだと、ハサナリアン教授は語った。

 
学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み