1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.7.14

Animals becoming night owls to avoid people人間の影響で哺乳類が夜行性に

このページを印刷する

ライオン、トラ、クマは我々人間の影響でだんだん夜行性になってきていると、新しい研究が発表した。カリフォルニア大学の生態学者ケイトリン・ガイナー氏とその同僚たちは、6大陸の62種に関する76の研究を分析した。タンザニアのライオン、ブラジルのカワウソ、カリフォルニアのコヨーテ、ポーランドのイノシシ、ネパールのトラといった動物が含まれていた。

研究者は、狩りやハイキング、農耕といった人間によるさまざまなタイプの妨げの下で、こうした生物たちがどのくらいの時間を夜に活動的になって過ごすのかを比較した。平均して、人間の存在が、夜行性ではない動物についても、夜間の活動を約20%増加させていると、研究チームは明らかにした。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み