1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.7.20

Hawaii bans sale of coral-harming sunscreensハワイ、サンゴに有害な日焼け止め禁止

このページを印刷する

ハワイのデイビッド・イゲ知事は7月3日、サンゴ礁に有害だと考えられている2つの化学物質を含む日焼け止めの販売を禁止する法律に署名した。この動きにより、ハワイは、オキシベンゾンとオクチノキサートの禁止を制定したアメリカで初めての州となった。

「これは、ハワイのサンゴ礁の回復力を守り、修復するための小さな一歩に過ぎない」とイゲ知事はこの法案への署名式で述べた。この法律は2021年に発効する。

オキシベンゾンとオクチノキサートを含む日焼け止めは、医師の処方箋を出された人にしか手に入れることができなくなる。そうでない人は、これらの化学物質が入っていない日焼け止めを買うか、ハワイに自分の日焼け止めを持って来なければならない。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み