1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.7.20

Scientists find ‘world’s oldest’ biological colors世界最古の生物由来色素発見

このページを印刷する

オーストラリアの研究者は、サハラ砂漠で世界最古の生物由来色素を発見した。この発見は、複雑な生命体が地球上にごく最近になってしか現れなかった理由を説明するのに役立つ、7月10日に研究者らは述べた。

ピンク色の色素は、11億年以上前のシアノバクテリアと呼ばれる単細胞微生物から生成され、これまでの色素の発見よりも約5億年昔になる。

これまでの研究では、大気圏内の酸素濃度が低いため、複雑な生命体の進化が遅れたと主張されていたが、これだけ早い時期のシアノバクテリアの発見により、この生物が藻といった豊富な食料源を締め出したということが示唆される。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み