1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.7.20

Scientists create hybrid embryos to save rhino絶滅寸前のサイ、受精卵作成に成功

このページを印刷する

世界最古のキタシロサイのオスだったスーダンの死から数ヵ月後、科学者は7月4日、同じ種類のDNAを含んだ胚を育てたと発表し、この亜種(キタシロサイのこと)を絶滅から救えると期待している。

現在生存していると考えられているわずか2頭のキタシロサイ—どちらも繁殖不可能なメス—で、研究チームはその画期的な技術が実行可能なキタシロサイの繁殖個体群の再建につながると期待している。

「我々の目標は、3年間で最初のキタシロサイの子どもを生むことです」と、ベルリンのライプニッツ野生動物研究所で繁殖管理部門を統括するトマス・ヒルデブラント氏は、この仕事のジャーナリストたちに語った。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み