1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.8.10

Researchers use AI to identify stomach cancer理研と国立がんセンター、AI で胃がん発見

このページを印刷する

2つの日本の国立研究所は、人工知能を活用して早期の胃がんを高い精度で特定することに成功した。この画期的な発見は、胃がんが主要な死因の1つである日本の患者の寿命を延ばすのに役立つかもしれない。国立がんセンターによると、2016年には45,531人が胃がんで死亡したという。

理研と国立がんセンターによると、内視鏡画像が早期のがんを示しているか、それとも正常な胃の細胞組織を示しているのかを人工知能が判断するのにわずか0.004秒しかかからないという。人工知能はがんの画像の80%で正確にがんを発見し、正常な細胞組織の正確性は95%だった。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み