1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.8.10

California beats goals for cutting emissions加州、温室効果ガス排出量が大幅ダウン

このページを印刷する

カリフォルニア州の2016年の温室効果ガス排出量は1990年の水準以下に下がり、予定よりも何年も早く初期目標を達成し、同州は気候変動に対処するための長期目標達成に向けて順調に進んでいると、関係者が7月11日に発表した。

カリフォルニア大気資源局は、汚染レベルが2004年のピーク時から13%減少し、経済はその年から26%成長したと発表した。この達成は、年間1200万台の車を道路からなくしたのと同等で、言い換えれば227億リットルのガソリンを節減したのに匹敵すると、同局は述べた。

メアリー・D・ニコラス局長は、これを「カリフォルニア州の人々の健康と、州の環境、そして経済にとって素晴らしいニュース」と呼んだ。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み