1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.8.10

Neanderthals knew how to make fire, study saysネアンデルタール人、火起こしできたか

このページを印刷する

研究者は7月19日、5万年前にさかのぼるフランスの遺跡で発見されたいくつかの道具を分析した後、ネアンデルタール人は火花を生み出すために石を打ち合わせて火を起こす方法を知っていたと発表した。

ネアンデルタール人が火を使用していたことはすでに知られていたが、雷や火山の噴火といった自然の要因によって起こったものとほぼ思われていた。しかし、おそらくネアンデルタール人は火を起こす技術を知っていたのではないかという見方もある。

後者(ネアンデルタール人は火の起こし方を知っていたという予測)は、『サイエンティフィック・リポーツ』誌に掲載された研究の科学者が主張したことだ。

「我々は、ネアンデルタール人による習慣的で体系立った火起こしについて、初の直接的な人工物による証拠をここに提示する」と、科学者はこの研究論文に書いている。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み