1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.8.10

World’s oldest bread found in Jordan世界最古のパン、ヨルダンの遺跡で発見

このページを印刷する

ヨルダン北東部にある石の暖炉で約14,500年前に焼かれた平たいパンの炭化した化石が科学者を驚かせている:人は農業を発達させる数千年前からパンを焼きはじめていた。

この発見は、地中海東部での狩猟採集が、これまで知られていたよりもはるかに早い、植物の栽培が根付く4千年以上前に、パンを焼くという文化的に画期的な出来事を達成していたということを示している。

その平パンは、大麦やオート麦といった野生の穀物やパピルスの近縁種の水生生物の塊根などから作られていて、原料はすべて粉に引かれていた。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み