1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.8.24

Degrading plastics emit greenhouse gases: study劣化プラスチック、温室効果ガス放出

このページを印刷する

『プロスワン』誌に8月1日掲載された論文は、劣化したプラスチックはメタンやエチレンといった強力な温室効果ガスを放出し、熱をこもらせる汚染物質のこれまでは含まれていなかった発生源であることを明らかにした。

プラスチック製のボトルや買い物袋、産業プラスチック、食品用容器が研究の一環として全て実験された。「最も発生量が多いもの」は、ポリエチレンで、買い物袋に使われており、世界で最も多く生産され、廃棄されている合成ポリマーであると、この論文は伝えている。

研究者らは、プラスチックが環境に放出している有害な温室効果ガスの濃度はまだ算出していない。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み