1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.8.24

Degrading plastics emit greenhouse gases: study劣化プラスチック、温室効果ガス放出

このページを印刷する

『プロスワン』誌に8月1日掲載された論文は、劣化したプラスチックはメタンやエチレンといった強力な温室効果ガスを放出し、熱をこもらせる汚染物質のこれまでは含まれていなかった発生源であることを明らかにした。

プラスチック製のボトルや買い物袋、産業プラスチック、食品用容器が研究の一環として全て実験された。「最も発生量が多いもの」は、ポリエチレンで、買い物袋に使われており、世界で最も多く生産され、廃棄されている合成ポリマーであると、この論文は伝えている。

研究者らは、プラスチックが環境に放出している有害な温室効果ガスの濃度はまだ算出していない。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み