1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.8.24

Inducing labor avoids cesarean for some moms誘発分娩で帝王切開回避か

このページを印刷する

初めての出産を迎える母親への大規模な研究で、分娩が自然に始まるのを待つよりも、39週目に誘発分娩をしたほうが帝王切開を必要とする可能性が低いことが分かった。この結果は、誘発分娩は帝王切開のリスクを高めるとする長年の見方を覆すものだ。2つの主要な産婦人科学の医師グループは、出産に伴う合併症のリスクは低く、女性にその選択肢を提供することは合理的だと述べている。誘発分娩をした研究の参加者は、妊娠の最後に危険なほどの高血圧を発症する可能性が低く、痛みが少なく、コントロールできている感覚が高かったことが報告された。新生児が呼吸器の問題を抱えることも少なかった。

研究結果は8月8日に、『ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディスン』誌に掲載された。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み