1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.9.14

40,000-year-old foal carcass found in Siberia3万年以上前に死亡の子馬、シベリアで発見

このページを印刷する

ロシアの科学者は、シベリアの永久凍土層に完全な状態で保存された古代の子馬の死骸を発見した。ヤクチア地方で発見されたその化石には、皮膚と毛、ひづめ、尾が残っていた。ヤクチア地方は永久凍土層でケナガマンモスの化石が発見されたことでも有名だ。
この発見を8月23日に発表したロシアの北東連邦大学の科学者らは、この化石は3万年から4万年前のものと推定されると述べた。彼らは、この子馬は死亡したとき生後約2ヵ月だったと考えている。ヤクチア地方の首都のヤクーツクにあるマンモス博物館のセミョン・グリゴリエフ館長は、発見された化石が完全な状態であるのを見て驚いており、それは今までで最も保存状態のよい古代の子馬だと語っている。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み