1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.9.14

Children shouldn’t head soccer balls: expert「子どものヘディング危険」、専門家が警鐘

このページを印刷する

サッカーボールをヘディングすることによって生じる損傷をめぐる議論は8月8日、脳損傷研究の第一人者が18歳以下の子どもはボールをヘディングすべきでないと述べて、新たな展開を見せた。アメリカのサッカー選手たちが慢性進行性外傷性脳症の影響をどのように受けているかを発見した最初の専門家であるベネット・オマル医師はBBCに対し、自身の発言は一部の人とは合わないのは認識しているが、社会は進化していると語った。
「18歳以下の子どもは、サッカーでボールをヘディングするべきではない」とオマル医師は述べた。「多くの人々にとってこれが難しいのは分かっているが、社会は進化する。私たちは時間と共に変化する。社会は変化する。我々のやり方をいくつか変化させてもいい時期だ」。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み