1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.9.28

Rubella infection spikes in Japan風疹患者急増、昨年の4倍

このページを印刷する

日本で今年報告された風疹患者の数は前年の4倍近くの362人で、症例の多くが東京近郊だったと、国立感染症研究所は9月11日に発表した。

同研究所では、風疹の流行の可能性が、2020年の東京オリンピックに影響を与える可能性すらあると警告しており、ワクチンの接種を—主に30代から50代の男性に—呼びかけている。多くがこの病気の予防接種を完全に受けていない。

風疹は伝染性が高く、咳やくしゃみで感染することが多い。妊娠初期の女性が感染すると深刻な健康上の影響を与えうる。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み