1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.10.12

Removing ‘zombie cells’ slows Alzheimer’s in miceアルツハイマー、「ゾンビ細胞」が原因か

このページを印刷する

9月19日に発表された研究論文によると、アルツハイマー病に似た症状を起こすように捜査されたマウスの脳内に自然に発生する「ゾンビ細胞」—死んでいるが有毒な細胞—を排除することで、この病に関連する脳神経の損傷と記憶の喪失を遅らせたという。この研究は、認知症への対抗策に新たな境地を切り開くかもしれない。

科学者は長い間、こうした細胞が、骨関節炎からアテローム性動脈硬化、パーキンソン病、認知症に至るまで、高齢による病気に関連する脳内の部位に集まることを知っていた

しかし、『ネイチャー』誌に発表されたこの新しい結果は、アルツハイマー病という特定の病気との因果関係を示した初の研究だと科学者は述べた。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み