1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.10.12

Big wind, solar farms could boost rain in Saharaサハラ砂漠に発電所建設で降雨量増加か

このページを印刷する

サハラ砂漠に大規模な風力発電所と太陽光発電所を設置することは、地球温暖化を遅らせる可能性があり、乾燥したアフリカの地域にわずかではあるが有益な降雨量の増加をもたらすかもしれないと、研究者は9月6日に発表した。

『サイエンス』誌に発表されたこの研究は、コンピューターモデリングを使用し、世界最大の砂漠(サハラ砂漠のこと)の20%をソーラーパネルで覆い、300万基の風力タービンを設置した場合の影響についてシミュレートした。その規模の風力・太陽光発電所—面積900万平方キロメートル以上規模—は、「世界全体に電力をまかなうのに十分な規模」になると、この研究論文は主張した。(シミュレーションでは)風力・太陽光発電の影響は、サハラ砂漠全体の1日当たりの平均降雨量は0.24ミリから0.59ミリに増加させた。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み