1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.10.12

Tossed net snares space junk in experimentデブリ除去装置の実証実験成功

このページを印刷する

軌道に乗っているデブリを除去する方法を示すデモンストレーションで、放出された網が宇宙ごみを捕らえることに成功した。

イギリスが主導する実験で、大きな網が9月16日に小型衛星から投じられた。この網は、実験の一環として配備された目標物である膨らませた構造物の周辺を包み込むことに成功した。距離は6メートル近くをカバーした。白黒の映像が捕獲の様子を示した。

この網—幅約16フィート(5メートル)—とこの目標物は最終的に、軌道からともに外れ、燃え尽きる。

この実験は、到着から2ヵ月後の6月に、国際宇宙ステーションから軌道内に配備された。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み