1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.10.12

Implant helps paralyzed man walk againまひ患者、脊髄に装置移植で歩行可能に

このページを印刷する

スノーモービル事故でまひ状態になってから5年後、アメリカのある男性は、電気装置の移植によって補助され、再び歩けるようになった。これは脊髄損傷患者にとって飛躍的な前進となりうる。

ミネソタ州メイヨー・クリニックの医師チームは、男性は前輪駆動式の歩行器を使用しながら、体重を移動して平衡維持する脳内からの指令を発して、合計で102メートルというサッカー場のピッチの長さほどの距離を歩くことができたと語った。これらはすべて、下半身まひの患者には不可能と考えられていた。

9月24日に『ネイチャー・メディスン』誌で結果が発表されたこの研究で、医師たちは2016年に小さな電子装置を男性の脊髄に埋め込んだ。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み