1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.10.26

Wind turbines contribute to climate change: study風力発電も気候変動の原因に、研究

このページを印刷する

10月4日に発表された研究によると、化石燃料に代替するために設計された風力発電機は、大気中に熱と水蒸気を再分配することによりそれでも気候変動に影響を与えるという。

ハーバード大学の研究者は、アメリカ全体の電力を風力発電で供給すると、風力発電機がある場所の地温を0.54℃上昇させ、アメリカ大陸全体で0.24℃上昇させることを発見した。

「風力はあらゆる環境の尺度で石炭に勝るが、だからといってこの影響は無視できない」と、『ジュール』誌に発表されたこの研究論文の上席著者で工学と公共政策のデイビッド・キース教授は述べた。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み