1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.10.26

Therapy dogs can spread superbugs to kidsセラピー犬との触れ合い、耐性菌広める危険性

このページを印刷する

セラピー犬は入院中の子どもたちに喜びと癒やしを与えるが、頑固な病原菌ももたらす可能性がある。

バルティモアにあるジョンズ・ホプキンス病院の医師らは、セラピー犬と長く過ごした子どもたちは、短い時間過ごした子どもたちよりも、耐性菌に感染する確率が6倍高かったことを明らかにした。しかし、この研究では、犬たちを訪問前に洗浄し、特別な拭き取り用繊維で拭き取ると、菌が広がるリスクをなくすことができることも分かった。

アメリカの保健職員の1人は、ペットやセラピー動物との交流は有益ではあるものの、リスクも伴うことについて理解が広がってきているが、この発見でさらに理解が促されるだろうと語った。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み