1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.11.9

Bits of plastic found in feces of people: study人の便から微小プラ粒子検出

このページを印刷する

人間の食物連鎖にプラスチックが広く存在することを初めて示したとされる研究によると、ヨーロッパとロシアと日本からの人間の便からプラスチックのかけらが検出されたという。

小規模の予備試験に参加した8人のボランティア全員が、数種類のプラスチックを取り込んでいたことが発覚し、平均で排泄物10グラムにつき20の微小粒子が含まれたと、研究者らは10月23日、ウィーンで開かれた消化器病学の会議で報告した。

科学者らは、この微小な小片—50〜500マイクロセンチメートルの大きさ—が魚介類や食品包装、ホコリ、プラスチック製のボトルなどを経由して消化されたのかもしれないと推測している。人間の髪の毛の幅がだいたい50〜100マイクロメートルになる。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み