1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.11.23

Air pollution kills 600,000 kids each year: WHO大気汚染で年間60万人の子ども死亡

このページを印刷する

毎日、屋内および屋外で有害大気にさらされることで、約60万人の15歳未満の子どもが死亡していると、世界保健機関(WHO)は報告書で10月29日に警告した。

この国連の保健機関(WHOのこと)のデータは、15歳未満の子どもの93%—18億人もの子ども—が、毎日、危険なほど汚染された空気を吸っていることを示している。これは悲劇的な結果をもたらしている。2016年だけで、約60万人の子どもが汚染された空気によって引き起こされる急性下気道感染症で死亡したことをWHOの報告書は明らかにした。

「汚染された空気は、何百万人もの子どもたちを害しており、子どもたちの命を台無しにしている」と、WHOのテドロス・アダノム・ゲブレェサス事務局長は声明で述べた。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み