1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.11.23

Oceans heating faster than previously thought海、想定の1.6倍熱吸収

このページを印刷する

世界中の海は、四半世紀の間にこれまで思われていたよりも60%多くの熱を吸収していたと、科学者は11月1日に発表した。

「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」の科学者らによる最新の評価では、人間が排出した二酸化炭素によって上昇した気温の熱量の90%を海が吸収しているとされている。しかし、ネイチャーに発表された新研究は新しい海水温の測定方法を用い、異なる結果を出した。

今回の研究では、この25年間、人間が一年間に発電する電力量の150倍に相当する熱エネルギーを海は毎年吸収してきたことが明らかにされた。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み