1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.11.23

Colored bird eggs traced to dinosaurs鳥の有色卵、起源は恐竜に

このページを印刷する

鳥類はこれまで考えられていたよりももっと多くのことが恐竜と共通している—10月31日に発表された研究論文によると、鳥類はうろこに覆われた祖先から有色卵を直接受け継いだという。

鳥類は、現在、有色卵を産むことが確認されている唯一の生物で、赤と青の2種類だけの色素を使って有色卵を生む。

研究者たちは、アメリカ、台湾、スイスで見つかった恐竜の卵の殻の化石標本18点をレーザー機器で分析し、鳥類の卵と同じ色素が存在するかどうかを調べた。

研究者たちは、現在のモンゴルに当たる地域に約7500万年前に生息していたベロキラプトルを含む複数の恐竜の卵で鳥類と同じ色素を発見した。

この研究は『ネイチャー』誌に掲載された。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み