1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.11.23

Colored bird eggs traced to dinosaurs鳥の有色卵、起源は恐竜に

このページを印刷する

鳥類はこれまで考えられていたよりももっと多くのことが恐竜と共通している—10月31日に発表された研究論文によると、鳥類はうろこに覆われた祖先から有色卵を直接受け継いだという。

鳥類は、現在、有色卵を産むことが確認されている唯一の生物で、赤と青の2種類だけの色素を使って有色卵を生む。

研究者たちは、アメリカ、台湾、スイスで見つかった恐竜の卵の殻の化石標本18点をレーザー機器で分析し、鳥類の卵と同じ色素が存在するかどうかを調べた。

研究者たちは、現在のモンゴルに当たる地域に約7500万年前に生息していたベロキラプトルを含む複数の恐竜の卵で鳥類と同じ色素を発見した。

この研究は『ネイチャー』誌に掲載された。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み