1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.12.28

NASA lander captures sounds of Martian windNASA 火星探査機、風の音収集

このページを印刷する

アメリカ航空宇宙局(NASA)の新しい火星探査機は「本当にこの世のものではないような」火星の風の音を初めて捉えた。カリフォルニアにあるジェット推進研究所は、この異星の風の音声の一部を12月7日に公開した。
この低周波のゴロゴロ鳴る音は、探査機「インサイト」によって火星での活動の第1週目に集められた。
研究者らによると、これらは人間の耳で感知できる初めての火星の音だという。
「風の強い夏の午後に外に座っているところを思い起こさせる。ある意味、これは火星探査機「インサイト」に座っていたら聞こえるような音だ」と、コーネル大学のドン・バンフィールド氏は報道陣に述べた。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み