1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.12.28

City frogs croak better than those in forest都市のカエル、鳴き声が凝っている

このページを印刷する

都市のカエルと熱帯雨林のカエルは、同じ声では鳴かないと、研究者らが発見した。
12月10日に発表された研究は、パナマの小さなトゥンガラガエルはなぜ都市部での発情期の鳴き声を変化させるのかを調べた。都市部のカエルは、聞き耳を立てている捕食動物が比較的いないことを利用して、メスのカエルをもっと引きつける愛の歌を長く大声で鳴く。都市部のカエルは、森林にいるカエルに比べて、早く頻繁に鳴き、装飾を多くつける。
科学者たちは、研究室でメスのカエルの聞き手に、都市部のカエルと森林のカエルの両方の鳴き声の録音を聞かせることで、これらの都市部のカエルの求愛の鳴き声は、つがいを引きつける確率が3倍高いことが分かった。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み