1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.12.14

MIT’s ion-drive aircraft makes first flightMIT、イオン風で推進する飛行機作成

このページを印刷する

科学者は最初の動力飛行からおよそ115年後に、小型で軽量で実質的に騒音の出ない航空機という形で、プロペラやタービンブレードといった動くパーツが全くなくても飛べる、飛行に全く新しい手法を開発した。

マサチューセッツ工科大学のエンジニアたちは11月21日、キャンパス内にある室内の体育館で、化石燃料を燃やして動力を得るのではなく、「電気空気力学的推進系」とも呼ばれるイオン風による推進力で動く無人の飛行機の成功した飛行実験について説明した。

「Version 2 EAD Airframe」、略してV2と呼ばれるこの飛行機は、重さがわずか2.45キロで、翼長は5メートルある。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み