1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.1.11

Most cancer or heart patients worked from hospitalがんや心臓疾患の患者、8割が入院中も仕事

このページを印刷する

日本で調査されたがんや心疾患の患者の80%以上が、治療のために入院している間も何らかの形で仕事をしていたことが、厚生労働省のデータで示された。同省の調査を受けた1,030人のがんまたは心疾患の患者の82%近くが、仕事に関連する報告書の作成や、職場へ復帰する準備などを含め、病院で仕事をしていたと回答した。
このような類では同省初の大規模な調査の結果は、多くの患者がストレスの度合いを下げるのが難しいことを示した。同省の調査は、過去5年の間に入院した20~64歳の人々を対象にしており、2017年12月から昨年3月まで主要な病院25ヵ所で実施された。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み