1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.1.11

Research shows decline of Australian sharksオーストラリアのサメ、乱獲で激減か

このページを印刷する

オーストラリアの研究者たちは、過去半世紀におけるサメの数の激減を確認したと考えている。この発見は、攻撃に対処する方法として駆除という手段を使うことを変えうる。『コミュニケーション・バイオロジー』誌に12月13日に発表された研究によると、クイーンズランド州の外れで網にかかるサメのいくつかの種の数は、過去55年間で74~92%減少したという。
クイーンズランド大学のジョージ・ロフ氏が率いる研究チームは、グレートバリアリーフの付近で人を冷めが襲うことを防ぐために設計された、政府が設置したメッシュネットとわなにかかった数を研究した。推定で5万頭のサメがこのプログラムで捕獲された。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み