1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.1.11

Netherlands to completely ban raw ivory salesオランダ、象牙など来年から取引禁止へ

このページを印刷する

オランダは12月17日、絶滅危惧種の動植物の密売に対抗する主な取り組みの結果を公開し、加工されていない象牙の販売を3月から禁止すると発表した。
現在のオランダの法律では、1947年から1990年にオランダに入ったものであるということを前提に、EUの認定のある象の牙など、加工されていない象牙の販売が許可されている。
「2019年3月1日から、オランダ国内外の加工されていない象牙の取引は不可能となる」と、オランダの農業・自然・食品安全相カローラ・スハウテン氏は述べた。
「この措置は、加工されていない象牙は古いものか新しいものかを見分けるのがとても困難であるため実施される」と、スハウテン氏は議会への書状のなかで述べた。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み