1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.1.25

Scientists boost plant yield through ‘genetic hack’「遺伝子ハッキング」で作物の生産量増

このページを印刷する

長年、イリノイ大学の研究者は、成長を増大するために作物の遺伝子を組み替えることが可能かどうかを知ろうとしてきた。1月3日に『サイエンス』誌に発表された研究結果で彼らは、「遺伝子ハッキング」により、タバコを40%大きくすることに成功したことを確認した。もっと大きな目標はタバコを多く生産することではなく、人類の食欲の高まりに応えるために、小麦や大豆などにこの技術を応用することだ。

同大学のカール・ウーズ・ゲノム生物学研究所の科学者は、植物が日光を用いて二酸化炭素と水をエネルギーに変換する光合成の過程の効率を本質的に向上させる方法を発見したと主張している

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み