1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.1.25

Dizziness drug may improve poor memory: study忘れた記憶、薬で回復か

このページを印刷する

日本の研究チームによる新しい研究は、脳内のヒスタミンの量を増大するめまいの薬を大量に飲むことによって人の長期記憶を改善することができることを明らかにした。アメリカの『バイオロジカル・サイキアトリー』誌に1月8日に掲載されたこの研究の結論は、アルツハイマー病といった記憶障害の治療に将来影響を与えるかもしれない。

神経中枢系のヒスタミンは学習と記憶に関連があり、長期記憶は48時間前の記憶と定義される。この治療薬は通常、めまいに苦しむ患者を治療するために低量処方される。しかし、記憶に関する実験の被験者らは、ヒスタミン濃度を高めるため、さらに多い量を与えられた。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み