1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.1.25

Drop beef to save millions of lives: WEF世界経済フォーラム、「脱牛肉」を提案

このページを印刷する

牛肉を代替タンパク質に切り替えることで、数百万人の命を救うことができ、温室効果ガスの排出量を劇的に減らすことができると、世界経済フォーラム(WEF)は1月3日に発表した。

オックスフォード大学マーティンスクールがWEFのために実施した新しい研究は、世界の食事に関連のある死の2.4%は、牛肉をやめることで避けることができ、富裕国では5%も避けられることを明らかにした。同校が発表した白書『代替タンパク質』は、牛肉の生産が食品関連の温室効果ガス排出量の4分の1を占めていることを示す2010年のデータも際立たせ、タンパク質需要の増加は、代替物が発見されない限り、環境に大きな圧力をかけると強調した。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み