1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.1.25

California coast sees big drop in monarchsオオカバマダラ、米加州で激減

このページを印刷する

環境団体の研究者らは、カリフォルニア沿岸沿いを移動するオオカバマダラの数が「気がかりなほど少ない」と示した。「ザークシーズ・ソサエティー」による最近の個体数の計測では、3万匹少なくなっており、2017年から86%減少しているという。比較として、1981年に同団体はカリフォルニアで冬越しするオオカバマダラを100万匹以上数えていると『サンフランシスコ・クロニクル』紙は報じた。

「ザークシーズ・ソサエティー」は、サンクスギビングデーと新年に毎年計測を行なっており、何が減少を引き起こしているのかは分かっていない。渡りの遅れの実質的な証拠はなく、蝶は国内の他の地域では報告されていないという。

 

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み