1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.2.8

AI best at detecting signs of cervical cancerAI、子宮頸がんを高精度で検出

このページを印刷する

人工知能は子宮頸がんを一掃するかもしれない。熟練した専門医や従来のスクリーニングテストよりもコンピュータ・アルゴリズムのほうがはるかによく前がん病変を検知できると、アメリカの研究が示した。

メリーランド州にある国立がん研究所がん疫学・遺伝学部門の研究チームは、6万枚以上の子宮頸部の画像を使ってアルゴリズムを設計した。

人工知能の技術は、前がん細胞を91%の精度で発見したと、研究チームは『米国立がん研究所機関紙』で発表した。人間の専門医の検診での前がん病変の発見は、69%、子宮頸部細胞診検査など従来型の検査では71%だった。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み