1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.2.8

Warming, deforestation threaten coffee speciesコーヒー種の半数、絶滅の危機に

このページを印刷する

英王立植物園は、気候変動と森林伐採のせいで、商業流通している人気の品種アラビカ種やロブスタ種を含め、世界の野生種コーヒーの半分以上が絶滅の危機に瀕していると、科学者らは1月16日に警告した。イギリスのキューにある王立植物園の専門家らが発表した調査結果では、現在の野生種コーヒーを保護する取り組みはその将来を守るには不十分であることを明らかにした。研究を共同で率いたキューガーデンのコーヒー研究責任者、アーロン・デービス氏は、特にアフリカなどの特定の国や、気候変動の深刻な影響を受けている森林地帯を中心に目標を定めた対策が必要だと述べた。「気温上昇と降雨減少で、生育に適した土地が減少している」とデービス氏は述べた。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み