1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.2.22

Poland reports case of ‘mad cow disease’非定型の狂牛病、ポーランドで確認

このページを印刷する

一般的には「狂牛病」と呼ばれる非定型の牛海綿状脳症(BSE)がポーランドで検出された。この稀な症例は、人間の健康への危険はないと、ポーランドの獣医師は2月4日に述べた。

「ポーランドでの非定形BSEの症例が1件確認された」と、クシシュトフ・ニェムチュク獣医師が述べたと、ポーランド通信(PAP)によって発言が引用された。

この牛は、チェコ共和国とドイツと国境をはさむ地域のポーランド南西部ミルスク村でBSEに感染しているのが確認され、殺処分されたと、ニェムチュク獣医師は述べた。

報告によると、この病気の非定型株が1月24日に、定期検査中に発覚したという。

 

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み