1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.2.22

More obesity-linked cancers in young US adults肥満関連のがん、米国の若い世代で急増

このページを印刷する

アメリカで肥満に関連したがんが若い世代の間で急増しており、概して減少傾向にあるが将来逆転に転じる可能性があると、研究者らが2月4日に警告した。

アメリカの人口の3分の2を対象にした広範囲の調査で、肥満が危険因子の1つであることが判明しているがん6種の発症率が、1995年から2015年にかけて50歳未満の男女でより頻繁になっていることを研究者らは示した。

若年層になるほど、がんの進行が速くなっていたと、医学誌『ランセット』で研究者らは報告した。アメリカでは肥満が過去40年間に2倍以上となっている。世界全体では、約20億人が過体重または肥満である。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み