1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.2.22

Mouse kidneys may pave way for transplant optionsマウスの腎臓、ヒト移植に可能性

このページを印刷する

日本の科学者は2月6日、移植用にヒトの腎臓を作るのにいつか役立つ可能性のある技術を用いて、マウスの幹細胞を使い、ラットの胚の中に腎臓を作ることに成功したと発表した。しかし、研究者は、この成功は最初の一歩に過ぎず、ヒトの臓器に活用できるプロセスの前に「深刻な技術的障害と複雑な倫理的問題」が残っていると警告した。
この技術はこれまでに、マウス由来の膵臓をラットの中につくることに活用されたことがあるが、『ネイチャー・コミュニケーション』誌に掲載されたこの新しい研究は、この技術が腎臓の疾患を抱える人々への臓器提供者が大幅に不足している状況に解決策をいつか提供しうるという初の証明だ。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み