1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.3.15

Japanese researchers extend life spans of flies研究、ハエの寿命延ばす実験成功

このページを印刷する

日本の科学者は、細胞内の重要な代謝機能であるオートファジー(自食作用)を活性化する方法を特定し、ショウジョウバエの寿命を延ばすことにつながった。『ネイチャー・コミュニケーションズ』のオンライン版に2月19日に発表されたこの発見は、この手法が人間の健康寿命を延ばすことに応用できるかもしれないという期待を高めた。

不要なたんぱく質と病原体を分解するプロセスのオートファジーは、年齢とともに減少することが知られている。この研究では、オートファジーを阻害する物質のルビコンの量が年齢とともに増えることを発見した。研究者らは、ショウジョウバエにおけるルビコンの活動を抑制すると、ショウジョウバエのオートファジーが活性化し、平均寿命が20%増加する結果となった。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み