1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.3.29

NASA captures images of supersonic shock wavesNASA、衝撃波捉えた写真公開

このページを印刷する

アメリカ航空宇宙局(NASA)は、2機の超音速機から衝撃波がぶつかる様子を収めた前例のない写真を捉えた。1機の航空機が音速障壁—海面位で時速約1,225キロ—を超えるとき、その周辺の圧力波が集まって耳をつんざくような「ソニックブーム」を引き起こす。

カリフォルニア州にあるNASAのアームストロング飛行研究センターの操縦士たちによる複雑な演習で、2機を撮影しようと待機する高性能のハイスピードカメラを搭載した別の航空機の下を、2機の超音速機「ノースロップT38タロン」を約9メートルの間隔で飛行させたと、NASAは発表した。

この演習—約3万フィート(9,144メートル)の高度での—は、両方の飛行機から発生する衝撃波の美しい画像を生み出した。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み