1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.3.29

Neolithic humans loved their dogs to death新石器時代も、犬と人は仲良し

このページを印刷する

約6,000年前、現在のバルセロナの近くに広がっていた新石器時代の集落は、犬が本当に好きだった—今生でも来世でも。少なくとも4つの遺跡で発見された考古学的証拠は、有史以前の人類と彼らの4本足の友人たち(犬のこと)が間近で暮らし、一緒に働いて、主に穀物と野菜の共通の食べ物を分け合っていたことを示した。

『ジャーナル・オブ・アーキオロジカル・サイエンス・リポーツ』誌に掲載されたこの研究によると、犬に与えられた特別な境遇は、墓にまで拡大されていたという。24カ所以上の円形墓地では、犬の一部もしくは全身の骨が、男性や女性、子どもの個々人の隣に丁寧に埋葬されていた。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み