1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.4.12

Minerals containing water detected on Ryugu小惑星「リュウグウ」に含水鉱物確認

このページを印刷する

日本の宇宙探査機「はやぶさ2」は、小惑星「リュウグウ」に含水鉱物を発見した。会津大学などの機関から集まった研究チームは、3月19日に掲載された『サイエンス』誌のオンライン版で、この宇宙船(はやぶさ2のこと)の近赤外分光計は、リュウグウの地表には「水酸基を有する鉱物が広く存在する」ことを発見したと発表した。

リュウグウはC型の小惑星に分類され、原始太陽系から残された物とともに有機物と水があると考えられている。科学者らは小惑星が地球に水をもたらした可能性があると考えており、はやぶさ2の主なミッションは、この仮説の証明に役立てるため、石の試料を集めて来年末までに持ち帰ることだ。

 

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み