1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.4.26

‘Light drinking can be healthy’ a myth: study「酒は百薬の長」は通説か

このページを印刷する

大規模な遺伝子研究の結果によると、血圧や脳卒中のリスクは、アルコールを飲む量が増えるほど着実に増え、1日に1〜2杯の飲酒は脳卒中を予防するかもしれないというこれまでの主張は事実ではないという。

総勢16万人の中国の成人の集団から集められたデータを用いたこの研究では、適度に飲酒をする—1日に10〜20グラムのアルコールを摂取する—人は、脳卒中のリスクが10〜15%高まることが分かった。この集団の多くは、アルコール耐性遺伝子がないため飲酒が不可能だった。1日に4杯以上のアルコールを飲む大酒飲みでは、血圧は大幅に上がり、脳卒中のリスクは35%前後高まると、この研究は明らかにした。

 

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み