1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.5.10

Humans an extinction risk to 1 million species100万種が絶滅危機、国連報告

このページを印刷する

1,800ページにわたる国連の報告書によると、人間の影響で最大100万種が絶滅の危機に瀕しているという。この報告書は、大量絶滅の危険性は、気候変動と同レベルだと伝えている。

清浄な空気、飲むことができる水、二酸化炭素を吸収する森林、花粉媒介昆虫、タンパク質が豊富な魚、嵐を緩衝するマングローブ—減少しつつある自然がもたらしているサービスのほんの数例—などが急速に失われていることで、気候変動と変わらないくらい多くの脅威をもたらしていると、この報告書は述べている。森林伐採や、畜産業を含めた農業が、温室効果ガス排出量の約4分の1を占めており、自然環境の生態系にも打撃を与えている。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み