1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.5.10

NASA’s InSight detects likely ‘marsquake’「インサイト」、火星の振動を記録

このページを印刷する

アメリカ航空宇宙局(NASA)のロボット探査機「インサイト」は、科学者が「火星の地震」だと思うものを検知して計測し、他の惑星で地震の揺れと思われるものが記録されたのは初めてだと、カリフォルニア州にあるジェット推進研究所(JPL)は4月23日に報告した。

この画期的発見は、「インサイト」が火星での2年間の地震計測ミッションを開始するために火星の表面にタッチダウンしてから約5ヵ月後に起こった。「インサイト」は、地球外の世界の内部深くを研究するために特別に設計された初の宇宙探査機だ。

JPLの科学者によって、地球での地震ではマグニチュード2.5ほどに匹敵する火星の地震と思われるものと示されたこのかすかな揺れは、4月6日に計測された—この着陸機(「インサイト」のこと)の火星上での128日目となる。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み