1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.5.24

New device can detect bacteria in minutes細菌感染、短時間で判別する機器開発

このページを印刷する

検査結果を数日でなく数十分で返す最新の機器により、患者の検査結果が出るよりも前に医師が強力な抗生物質を処方するという時代は、もうすぐ終わるかもしれない。

ペンシルベニア州立大学の研究チームによって発明され、ウォン・パクキン教授(生体工学・機械工学)と共同開発されたこの機器は、単一の細菌細胞を捕捉して電子顕微鏡で観察するためにマイクロテクノロジーを利用する。

このアプローチにより、細菌があるかどうかや、細菌の薬物療法に対する感受性が、わずか30分ほどで判定できるようになる—結果が出るまでに3〜5日かかる現行の臨床検査とは対照的だ。

 

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み